【コワーキングの持ち物まとめ】意外と役立つ便利な物とは?

コワーキングスペースの多くはモニターやブランケットなど、あると便利なものの貸し出しされています。しかし、中には「あれを持っていけばよかった」なんて後悔することがあります。管理人の私が過去に失敗した、持っていくと便利なものについてまとめした。

10センチ程の延長コード

コワーキングスペースは基本的に電源が完備されています。しかし、コンセントの口数は店舗によって異なります。そこで10cm程度の延長コード(3個口)を用意しておくと万が一の際にも安心です。

ノートパソコン用スタンド

長時間パソコン作業をすると肩がこったり、腰が痛くなりがちです。そこで置き式のノートパソコンスタンドを使用することでパソコンを数cmほど持ち上げて使用ことができます。これにより疲れにくい正しい姿勢となり、指を痛めにくくする効果があります。

外部モニタ接続用変換コード

外部モニタを貸し出ししてくれるコワーキングスペースは多いです。しかし、HDMIケーブルしか用意していないところも多く、マックやsurfaceを使用している場合、HDMIへの変換ケーブルは持って行ったほうが安心です。

イヤホン

コワーキングスペースは毎日多くの人が訪れます。混雑具合によっては隣の人のキーボードを叩く音や喋り声が気になるなんてこともあります。作業中はあまり音楽を聴かないという人も耳栓の代わりのもなるので持っていくと便利です。

予備電池

マウスなどの電池は予備で1セット持っていると便利です。せっかく作業が乗ってきたのに、マウスの電池がなくなってはかどらなくなってしまってはもったいないです。コワーキングスペースによっては販売している場合もありますがカフェなどで作業するときなんかもあるでしょうから持っていると安心です。

お気に入りの職場を探そう

コワーキングナビではエリアと目的を選ぶだけで簡単にあなた好みのコワーキングスペースを検索できます。

まずは下のタブから行きたいエリアと目的を選んでみましょう。

エリア×目的で検索




現在は東京近郊エリアを中心に紹介しています。
他エリアも順次公開予定です。